FC2ブログ

なぜなぜ分析を考える  (起き上がりこぼしの日記 第116号) 

◎令和 元年 7月22日の日記 

 参議院の議員選挙も終わり、暫くは落ち着いて過ごせそうです。

自分の意見はともあれ、とりあえず、結果は出た訳ですから、これから

は、どの様な行動をとるか、見ていかなければならないでしょう。


 さて、以前にも申し上げた通り、私は、現在「運行管理者」という

国交省の資格を取るための勉強もしています。この資格者の主な業務は、

運転者の交通安全と、安全運転を守るシステムの確立です。


 世の中から、いかに、交通事故を減らしていくか、という仕事です。


 昨今の、報道を見ても、非常に悲惨な交通事故が跡を絶ちません。

 特筆すべきは、高齢者の事故の多さだ、といえましょう。


 以前、このブログでも、「第105号、”指差呼称”をやってみよう」

「第112号、ハインリッヒの法則」等で、若干の感想を述べさせて頂

きました。

 ここの項での中心課題は、当たり前ですが、如何にして交通事故

を未然に防いでいくか、という考え方が出発点になっています。


 しかし、もう一つの考え方も、あるのではないでしょうか?


 それは、仮に、何か軽微な事故でもあった場合、その原因を調査し、

二度と起こさせない様な再発防止策を作る、というのはどうでしょう。


 この考え方に基づいた方策が、「なぜなぜ分析」ではないか?

 と思っています。


 この方法は、トヨタ自動車の、生産管理の確立に取り入れられた方法

といわれ、何か問題点が見つかると、それが”なぜ”起きたのか、さらに

それをなぜ?、なぜ?、なぜ?と深く掘り下げて調べ続け、物の本のよ

ると、その”なぜ”を5段階くらい掘り下げるように、と勧めております。


 今では、その「なぜなぜ分析」の手法は、多くの旅客業、貨物運送業

等の運行管理者を中心に採用され、交通事故の防止、削減に大きな成果

を挙げているといわれています。


 我々は、プロの運転者ではありませんが、この様な考え方も身に付け、

事故防止や、さらにはその再発防止を考えていきたいと思います。


   ◎たまには、息抜きに ゴルフ などはいかがでしょう?


     


        ◎公園内、韓国のパビリオンの跡


     025.jpg




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tamaki369

Author:tamaki369
「となりのトトロ」の起き上がりこぼしです。
どんな逆境にあっても、めげずに、絶対に起き上がります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログはメチャメチャ面白い!!
いつの間にか、人気者、中心人物になってしまうかも知れません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR