FC2ブログ

「ヒヤリ・ハット」の実際①(起き上がりこぼしの日記 第117号)

◎令和 元年 7月24日の日記

 遅れていた近畿地区の梅雨明けが、発表になりました。

しかし、今年は、梅雨入りが大変に遅かったので、梅雨に入っていた

期間はかなり短いものでした。 今年も暑くなりそうです。


 今までも、このブログで交通事故の撲滅について、若干書いて参りま

したが、今後は、このブログでも、”第112号”「ハインリッヒの法則」

にも書いた通り、時々「ヒヤリ・ハット」についても、その事例を調べて

行きたいと思っています。


●「ヒヤリ・ハット」の日時、状況

 ・日時、 不詳、随分前   午前8時30分頃


 ・場所、片側2車線の国道と、片側1車線の道路の交差点


 ・状況、片側2車線の道路を進行中、片側1車線の道路に左折しよ

     うとしましたが、朝方でもあり、通勤者の交通等で、横断

     歩道の交通量が大変に多い状況でした。


     横断歩道の処で、暫く待っていると、やっと、目の前を、右

     から左へ行く自転車を最後に、交通が切れてくれました。


     喜んで進行しようと、アクセルを踏みこんだところ、突然、

     目の前に、左から、右へ自転車が飛び出してきてしまったの

     です。


     間一髪というところで、辛うじて衝突は回避できましたが、

     非常に危険な状態ではありました。



 ・原因、自転車の運転者に状況を聞いた処、丁度、私の車の前を通り

     過ぎたところで、急に忘れ物を思い出し、それをとりに行く

     ために、ユーターンした、との事でした。


     この様な場合、運転者は、通行者が目の前を通り過ぎていく

     ところを確認しているため、無防備である可能性が非常に

     高くなってしまっていると思います。


 ・考察、稀ではあっても、この様な状況に対応する為には、目の前

     の交通が切れてから、アクセルを踏み込むまでに、最低で

     も2秒くらい間を置くと、安全であると思いました。

     僅かのことでもありますから!!!



  今後も、この様におおくのひとの間で「ヒヤリ・ハット」事例を共

 有していくことにより、若干でも交通事故が防げるようなるのではな

 いか?と思っています。


      是非、「ヒヤリ・ハット」事例をお寄せください


      ◎たまには、読書は如何でしょうか?

       本屋に無くても、すぐに手入ります。 


   

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tamaki369

Author:tamaki369
「となりのトトロ」の起き上がりこぼしです。
どんな逆境にあっても、めげずに、絶対に起き上がります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログはメチャメチャ面白い!!
いつの間にか、人気者、中心人物になってしまうかも知れません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR