FC2ブログ

プロフィール

tamaki369

Author:tamaki369
「となりのトトロ」の起き上がりこぼしです。
どんな逆境にあっても、めげずに、絶対に起き上がります。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログはメチャメチャ面白い!!

いつの間にか、人気者、中心人物になってしまうかも知れません。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

バーチャンの1周忌の法要(起き上がりこぼしの日記 第124号)

◎令和 元年 8月 4日の日記

 相変わらずの炎天下の一日です。

昨年の 7月 8日、家内の母親が、93歳で亡くなってしまいました。

今日は、近くの親族が集まって、簡単ながら1周忌の法要を、執り行う事

に致します。


 家内のほうの親族は、大体のところ、この一円に住んでいますので、

この様な場合は、すぐに対応できる点は良いものであります。


 家内の妹の家は、比較的場所があるので、妹の家に集まり、お昼前

から、お経を上げて、皆で母を偲び、思い出を語った次第です。

 

 家内と、家内の姉妹その他、参列できた人は14名、私は、体調が

あまり良く無かったので、式典のみの出席として、式典後の食事は遠

慮させて貰うことに致しました。


 しかし、集まってもらった人々を見ると、改めて男性の数が非常に

少ないのにはビックリです。出席者14名のうち、男性は5名、女性

が9名であり、改めて、女性の割合の多さを再確認した事になります。



 しかし、たまにではありますが、この様に、都合がつく人だけでも

集まって、分からないなりにも、お経を上げたりするのは、大変良い

事だ、と思いました。


 真剣に、かつ、分からないなりにも、お経を上げていると、不思議

なもので、そこに出席している人々との間に、何か?一体感みたいな、

または、仲間と一緒にいるのだ、という連帯感みたいな、その様なも

のを感じる事が出来るのです。


 宗教儀式なので、ある程度の人が集まって儀式的に行なっているの

には、場合によれば、この一体感、連帯感みたいなものを得たいのか

も知れません。


      それは、それで意味のある事になるのでしょう。

          

           ◎バーチャンの1周忌 


      002_201908051515032b0.jpg


<< 美点凝視をしよう    (起き上がりこぼしの日記 第125号) | ホーム | 市民と行政の感覚のズレ (起き上がりこぼしの日記 第123号) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム