FC2ブログ

大相撲の物言いについて (起き上がりこぼしの日記 第80号)

◎令和 元年 5月24日の日記

 ここの処、数年に亘って大相撲の人気が大変盛り上がっております。

連日、満員札止めの盛況で、日本の国技でもありますから、喜ばしい事であると思って

います。

 さて、5月24日はかなりにもめた一番がありました。

先場所、大関で負け越して今場所カド番となっていた、関脇の栃の心、今日勝てば10

勝で来場所の大関復帰が掛かっていた一番でありましたが、残念ながら、結果的に負

けてしまい、大関復帰はおあずけになってしまいました。


 ただ、その負け方がなんとも後味の悪いもので、我々ファンにとっても、しっくりと

こないものでした。相手は平幕の朝乃山でしたが、取り組み終了直後、勝負検査役から

物言いがついたのです。軍配は栃の心に上がったのですが、栃の心の右足のかかとが、

さきに出ており、行司差し違えだというのです。

判定の結果は物言いのとおり、行司指し違えで朝乃山の勝ちと訂正されました。

 テレビで見ていた我々も、そのビデオでのスロー映像を何回と無く見るという結果に

なったのですが、スロー映像では、栃の心のかかとは出ていないように見えました。


 問題は、その事ではなく、勝負検査役の判定の仕方にあると思います。大変に微妙な

判定であったらしく、非常に長い時間掛かりました。その様な1秒以下の判定は、非常に

難しいのは当然の事で、大体人間の目で正確な結論が出しにくいのは当たり前です。

なぜ、”取り直し”という選択が出来なかったのか、不思議でなりません。

物言いについての協議方法について、なんらかの基準が作られていないのでしょうか?


  いずれにせよ、我々ファンが納得出来るようにして頂けるよう、強く望みます。

  

  

 



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tamaki369

Author:tamaki369
「となりのトトロ」の起き上がりこぼしです。
どんな逆境にあっても、めげずに、絶対に起き上がります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログはメチャメチャ面白い!!
いつの間にか、人気者、中心人物になってしまうかも知れません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR